SOHO NEWYORK OFFICIAL BLOG

恋愛は美容にも効果的

恋をすると女性はきれいになるとよく言われます。これはイメージだけでなく、実は本当のことなのです。

恋をすると、女性ホルモンがいつもより多く分泌されます。
女性ホルモンが分泌されると身体は女性らしくなろうと変わっていきます。

具体的には、髪の毛には潤いが産まれ、肌の保湿力が高まりつやつやとして見えます。
身体はバストに膨らみがでやすくなるのにくびれるところはくびれやすくなります。
代謝が高まり、食欲は逆に落ち気味になるのでやせやすくなります。
瞳に力がうまれ、きらきらとした目に見えます。

このように身体に具体的な変化があらわれるようになるのです。
ファッションやヘアスタイル、メイクに気を使うだけでなく、このように身体にも変化があらわれるのが恋愛というマジックです。

髪の健康「地肌」

女性であればヘアスタイルはいつでも気になるものですが、今回はヘア、つまり髪の毛の「美容」の知識について。
ヘアに良いものとされているのはアミノ酸やビタミンです。
肌と同じで髪の根元には地肌があるわけですから、地肌の健康を良くする事で髪が見違えるように綺麗になることがあります。

よく髪自体をパックしたりトリートメントに力を入れているという人がいますが、それよりも大事なのが「いかに地肌を健康的に保つか」です。
頭をマッサージしたりするなど毛根に刺激を与えて肌を活性化させるのも効果的です。
つまり、地肌が健康=髪もすくすくと綺麗に保てるため、美容グッズがなくとも美しさを保てるのです。

髪の健康「睡眠」

美しい髪を保つには、正しいシャンプーの仕方や紫外線ケアなども重要ですが、睡眠も重要なポイントです。
髪をはじめ、全身の細胞は寝ているときに活発な新陳代謝をし、新しい状態になっていきます。
そのため、良質な睡眠を適切な時間にとることで髪のターンオーバーを促しきれいな状態にすることができるのです。

睡眠をとるといってもただ眠るのではなく、夜の十時から夜中の二時までのゴールデンタイムに眠るとさらに効果的です。
この時間は最も新陳代謝が行われる時間帯です。
人間の身体は日中に活動し、夜間に休むようにできているので、そのサイクルにそって休むことが美容と健康につながります。

私のダイエット習慣

美容に関心がある人の中で、日ごろからもっと痩せたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

食事内容や食べる量に気を付けたり、日々運動をするようにしたり、ダイエットには色々な方法がありますよね。
ダイエットは小さな努力を重ねることで成功します。

私が実践しているのは、細かな運動を日々行うこと、間食を出来るだけ控えることです。
出来るだけ階段を利用したり、朝少し早起きをして体操をしたり、体を動かすことで健康にも気を使うようにしています。

ついついお菓子やスイーズを間食してしまう事も昔はありましたが、慣れてくると間食しなくても平気になりました。
間食の習慣がある人は最初は我慢が大変ですが、そこを乗り越える事で慣れてくるかもしれません。

普段の間食や運動など日々の生活の中で習慣化することで効果を実感しています。
あせらず少しずつ努力していきましょう。

美しくなるために少しずつ頑張る

いろいろな美容法がありますが、自分の元々の体型を整えていって基本的なところをグレードアップさせておくと、それらの効果もより一層体感し易いでしょう。
たとえば、ブラジャーでもきっちりあなたのバスト周辺のサイズ・カップに合ったものを着用するだけでも、周りからの見え方が変化します。

私の友人にも居ましたが自分の体のサイズを間違って把握されている方も居たりします。
そういう部分を把握して、美しくなれる方法が生じて来ます。
こういうのは面倒くさがる人も多いので、もし心当たりがある方はすぐにでも挑戦してみるのはいかがでしょうか。

基本的にめんどくさがりだけれども美容のことも気になるという人は、少しの時間を有効活用するのも良いと思います。

例えば、もっと小顔になりたいと考えている人は、入浴中やトイレに行っているときなどに、顔のリンパマッサージや小顔運動などを同時にすると良いです。
めんどくさがりな人にとって、一日の中でわざわざマッサージや運動のために時間を割くことは少し難しいことかも知れません。
ですから、何かをするときに同時進行で行うことで、わずかな時間を有効に利用することができます。

美しくなるためには千里の道も一歩からです。
努力を重ねることで結果につながっていきます。
毎日少しずつで良いので頑張って美を追求していきましょう。

化粧水に頼らなくてもキレイな肌は手に入る

肌をキレイにするために、高価な化粧水を使ってスキンケアをしていませんか。
化粧水はお金と時間が思いのほかかかってしまいます。

実は、お金と時間をかけずに肌をキレイにできる、シンプルな方法があるんです。
それは、洗顔後に化粧水などを使わないことです。

化粧水などには、肌に良いとされる成分もありますが、悪い成分も存在します。
合成活性剤などの添加物がそれにあたり、個人差にもよりますが、これにより肌に負担をかけて、肌に悪影響をもたらします。
化粧水を使ったスキンケアをやめることで、肌のターンオーバーは正常になり、肌にあたえるストレスを軽減することができます。

化粧水などの添加物が含まれているものでスキンケアをしていると、
肌のバリアを壊したり、細胞間脂質を破壊されたり、防腐剤によって常在菌を殺してしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
なので、外側から刺激を与えるものを排除することによって、キレイな肌を保つことができます。

ただし普段から極度に肌が乾燥しやすい方が、急に化粧水をやめてしまうと、肌が荒れてしまう可能性があるので注意が必要です。
普段から何もしなくても、ある程度の肌に潤いのある方は個人差があると思いますが、効果が見込めるかもしれません。

「洗顔した後は、化粧品でスキンケアをしないと肌が悪くなってしまう…」
という考え方をなくして、ナチュラルな方法でキレイな肌を手に入れませんか。

ブラウンアイライナーで優しい目元作り

女の子の日々の日課ともいえるお化粧。

年齢を重ねると濃すぎるメイクは合わないし、
薄すぎるとスッピンと間違われるし、年相応な化粧が求められるけど難しいですよね。

特に目元は顔の中でも良く見られるところなので日々メイクの研究をしています。

アイメイクもいろいろなやり方がありますが、
優しい目元を作る時にオススメなのがブラウンのアイライナー。

今までブラックを使ってましたが、
ブラウンにしてみたところはっきりとしたブラックよりも断然優しい目元に。

ブラウンだと肌の色とも馴染んでとてもいい役割をしてくれます。
印象的な目元にする時はブラックをおすすめしますが、
ほんのりいい女の目元を演出するのにはブラウンがおすすめです。

手軽に可愛いヘアアレンジ

IMG_3466Copyright GIRLY DROP

今流行りの誰でも可愛くお手軽に出来ちゃうヘアアレンジの方法があります。
それは「くるりんぱ」です。
言葉だけなら耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。
けれど、どうやってやるのかわからない方もいるかもしれません。

「くるりんぱ」は、ポニーテールをゆるめに結んだあとゴムの上の生え際側をふたつにわけて、
その穴に毛先側を上側から下側へ通すようにするだけで出来ます。

もし言葉だけではわかりにくいという場合には写真や動画で説明しているサイトもあるので参考にして下さい。
この基本のやり方だけでなく様々なアレンジ方法があります。

IMG_3450Copyright GIRLY DROP

(写真はくるりんぱと三つ編みでアップにした少し難易度の高いセット)

このくるりんぱさえ覚えれば、ヘアアクセサリーがなくても可愛いヘアアレンジが出来ます。
しかも簡単なものなら一瞬で出来るので忙しい方にもおすすめです。

素敵なネイルは自分のために

自分のヘアやメイク、服装を自分で改めて見ようと思ったら、
鏡やガラスに映る姿をわざわざ見なければいけません。

友達と買い物に行ったときのことを考えてみると、
自分のことを見るよりも圧倒的に友達を見ていると思います。
ヘア、メイク、服装は自分より他人が見ている時間の方がとても長くなりますね。

sdf

しかしネイルは違います。
手を後ろで組んだり手袋をしたりして隠してしまわない限り、
日常の中で無意識に指先は視界に入ってきます。

仕事で人に手を差し出すという方もいらっしゃいますが、
マニキュアやネイルアートをするモチベーションが「自分のため」でも悪くないのではないでしょうか。

自分の好きなものいっぱい詰め込んだネイルが日常の中のふとした動作の時に目に入ると、それだけで華やかな気持ちになれます。
お仕事でマニキュアやネイルアートができない方はネイルチップ(つけ爪)もオススメです。

休日が終わったら外してしまえばいいですし、保管しておいてまた使うこともできます。
指先に素敵なものをたくさん詰め込んで、素敵な1日を送るのはいかがでしょうか。

イタリア女性のしっとりツヤツヤな髪

毎日のお手入れが楽になると言う理由で矯正ストレートパーマをかける方は沢山いらっしゃると思います。
お手入れが楽になる半面、いたんだ髪のお手入れに少し気を遣わなくてはなりません。

そこで、イタリアから仕入れた超ナチュラル、超簡単なお手入れ方法をお教えします。
髪の毛が細くて柔らかいイタリア女性も、さらさらなストレートヘアにあこがれています。
そんな彼女たちが行なうのが、オリーブオイルをシャワーの前に髪にすり込む事。
ついでに目の下や手にも塗り込みます。

olive-oil-1433506_960_720

あくまでもちょっと。少量のエキストラヴァージンオイルを使用します。
何故かと言うと、オリーブオイルが残っていると、洋服の襟元やまくらカバーが黄色く染まってしまい、落ちなくなってしまうからです。
しかし、その効能には効果があり、しっとりツヤツヤな髪を保つことが出来ます。

髪のウェーブも若干伸びるそうです。
そして、顔も手もついでにお手入れしちゃうなんて。
イタリア人女性の活き活きとした笑顔の秘密を、ちょっと真似してみませんか。