SOHO NEWYORK OFFICIAL BLOG

生姜を食べて冷え性を改善

段々と寒くなってきましたね。
こんな季節にますます多くの女性を悩ませる「冷え性」。

体のめぐりを悪くし、体調不良を引き起こしやすくしてしまう原因のひとつです。
そんな冷え性で悩んでいる方におすすめなのが、体をポカポカに温めてくれる独特な香りのある食材「生姜」です。

生姜には2種の成分「ジンゲロール」と「ショウガオール」があります。

・生の生姜にしか含まれない「ジンゲロール」

・乾燥や熱によってジンゲロールから変化する成分「ショウガオール」

生の生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれています。
強い殺菌効果がある「ジンゲロール」には、共に血管を拡張させて、体の隅々までいきわたるように作用してくれます。

なので、血液が体の隅々に行き渡ることによって、新陳代謝が活発になり、体のめぐりが良くなります。
冷え性は血行のめぐりが悪い時に起こるので効果があります。
ちなみにジンゲロールには、強力な殺菌作用があり、風邪や食中毒も防いでくれる効果があります。

そして熱を加えたり乾燥させたりすることで「ショウガオール」成分ができます。
抗菌作用・抗酸化作用の効果があり、冷え性にもおすすめです。

ジンゲロールは血行のめぐりを良くしますが、「ショウガオール」は内側から熱を作り出します。
体温の低い朝などに熱を加えた生姜湯を飲むとおすすめです。

体をポカポカに温めてくれる生姜を食べて、温かくほっこりした体で毎日を楽しく過ごしましょう。

秋冬のリップ

ここ近年、赤系リップの人気は定番化されてきていますね。
洋服の色も暗めになりがちな秋冬こそ、赤リップが映えて女性らしさがぐんとアップします。

様々なメーカーが発表し注目を集めているのは、赤みを押さえた「バーガンディ」。
ぶどうのような少し紫よりの赤です。

また「ボルドー」や「ワインレッド」など大人っぽいカラーもおすすめです。
アイシャドウも赤系が流行しているので、あわせて使っても良いと思います。

またベージュなどのヌーディーカラーにあわせて、指し色リップとして使用するのも素敵です。
まだ赤リップに挑戦していない方も、流行色は意外とだれにでもなじみやすい色になっています。

ぜひこの秋冬に取り入れてみてはいかがでしょうか。

メイク苦手な人にチーク活用をおすすめ

メイクは苦手という人にこそおすすめなのが上手なチーク使いです。

チークを上手に活用すると、細かいポイントメイクができなくても雰囲気のいい人に見えます。
チークの選び方ですが、肌の色にあわせて選ぶのが重要です。

できたら、美容部員のいるカウンターで肌色にあわせて選んでもらうとよいでしょう。
オレンジ系が似合う肌色と、ピンク系が似合う肌色とそれぞれ個人差があるためです。

つける場所は頬骨の周辺です。
まず頬骨の一番高いところにふわっとのせます。
そして手やブラシで周辺になじませます。

自然つけると可愛らしい印象になりますが、
つけすぎると一気に変になってしまうので十分注意しなければなりません。

はじめはかなり薄目を意識するのがコツです。

なりたいヘアスタイルを画像で伝える

美容室でオーダーする時っていつもどうしていますか。

思った通りのスタイルにならない、
イメージが伝わっていないからとお店を変える前に、
ちょっとおさらいしてみましょう。

口頭だけでイメージだけを伝えるのは、
お客さんの好みを把握している美容師さんにとっても難易度の高いオーダーです。

同じヘアスタイルにはならないからと諦めず、
積極的に雑誌の切抜きやネットで見つけた画像を見せるのが、
実はヘアスタイル成功への近道なんです。

最近では施術前のカウンセリング用に、
タブレット端末を用意してくれているヘアサロンも多くあります。

イメージを具体化してじっくり相談できるので安心ですよね。
オーダーする側と施術する側がイメージを共有することが、
なりたいヘアスタイル実現への第一歩になります。

ショートヘアーのヘアアレンジ

短髪でも工夫次第で自由にヘアアレンジを楽しめます。

ヘアアクセサリーなどを活用してみると華やかな雰囲気を演出しやすいです。
結べない長さなら、サイドの髪の毛を編み込みにしてみるのもありです。

普段はボーイッシュなイメージが強くても、可愛らしい印象を与えやすくなります。
髪の毛の量が少なければ、軽くパーマをかけたりとボリュームを出すことも好ましいです。

顔の大きさも隠せたりと小顔に見せることも難しくないです。
学校や職場の規則で髪の毛を染められないなど制限がある場合、ウィッグを愛用することも悪くないです。

リーズナブルな値段で買い求められるものもあります。
ウィッグの種類やデザインも幅広いため、その日の気分でヘアスタイルを変えることもできます。

恋愛と美容の関係

好きな人が出来ると女性なら誰でも綺麗になりたいですよね。

好きな人が好むようなヘアスタイルやメイクなどの美容法を考えたりして、
まず外見を磨く事から恋のステップは始まります。

恋をすることにより外見が変わるのはもちろんですが、
実は体の中でもすごい変化が起きているのです。

恋をすることにより、ホルモンの分泌が活発になり
その影響で新陳代謝が良くなり肌が綺麗になります。

何種類かのホルモンが体に働きかけることにより、女性を美しくさせてくれると言われています。

快楽を得ることで有名なドーパミンというホルモンがありますね。
ドーパミンも恋をするとたくさん分泌されて交感神経に働きかけるので、
瞳孔が開きまるで少女漫画に出てくるヒロインのように瞳を輝かせるのです。

「女性ホルモン」とも言われているエストロゲンも恋する女性に働きかけます。
エストロゲンは女性らしい体に近づけてくれます。

胸を女性らしい形にしたりお尻にボリュームを出したり、
素敵なプロポーションに近づけてくれます。

素敵な恋をして、外見はもちろん体の内面もホルモンを味方につけてますます美しくなりましょう。

美容はバランスのいい食事から

女性に美容といえば、肌や顔や髪型などの美貌に関することが多く感じます。
実際には、体内から整えることも大きく影響するでしょう。

いくら見た目に美しくても、不規則な生活や偏った食生活は、肌の艶やハリにも影響を及ぼします。
当然、美肌になりたい願望が女性には多くありますので、スキンケアは勿論の事、バランスの良い食事を心かげる事です。

肌に良い食べ物といえば、ビタミンを多く含む緑黄色野菜が有名です。
(サラダにドレッシンングの掛けすぎはご注意くださいね)
女性の方は便秘症の人も多くいますので、野菜や果物は特にお薦めします。

便秘は美肌づくりに影響を及ぼす事がありますので、毎日食べると良いでしょう。
又コラーゲンを含む食べ物も肌のハリを与えますので、アンチエイジング効果も期待できます。

スキンケアはマイナスのケアも意識して

スキンケアというと、どんな化粧品を使うかや、どんな方法でケアをするかというプラスの面に意識が向きがちです。
しかし、肌への負担を減らすという意味のマイナスのケアも意識しないと不要な負担をかけてしまうことにもなります。

たとえば、肌に化粧品をつけるときの刺激も、肌には負担になります。
必要以上にこすることや、強い力で肌にふれることは肌を老化させる原因となってしまいます。

こうした刺激が肌荒れの原因となることもあるので、逆にケアを最小限にすると症状が改善することもあります。
あれもこれもと化粧品をプラスするよりも、なるべく少ない化粧品で丁寧にケアを行う方が効果的なこともあります。

たくさんの化粧品を使ったケアでなかなか肌が改善しないという人は、一度ケアをシンプルにしてみるのもいいかもしれません。

ヘアバンドで簡単ヘアアレンジ

忙しい朝でも誰でも簡単に短時間でできるヘアアレンジの1つとして挙げられるのが、ヘアバンドを使ったアレンジ方法です。

基本的な使用方法は、首まで被り、そのまま上に上げるだけです。
ヘアバンドはどんな方でも簡単におしゃれを楽しむことができる、とても魅力的なアイテムです。

また、ヘアバンドは、ロングヘアにもショートヘアにも合いますし、キュートな印象にも、ボーイッシュな印象にも仕上げることができます。

いろんな柄や色のヘアバンドを用意して、その日のコーディネートに合わせて使い分けるのも楽しいのではないでしょうか。
ヘアバンドの変わりに、スカーフなどを使って、結び目を作ってリボンのように見立てるのも良いでしょう。

髪の毛を乾かす時に注意すること

おしゃれに敏感な女子は、毎日のヘアケアについても決して手を抜けません。
そこで、ヘアケアの基本とも言える、正しい髪の乾かし方について、ここで復習しておきましょう。

まず1つ目に気を付けておきたいのは、乾かす際にタオルでゴシゴシ髪をこすらないことです。
タオルで髪をゴシゴシこすることは、大事なキューティクルを壊してしまう原因の1つなのです。

また、髪を洗った後はできるだけ早く乾かすことも非常に大切です。
髪が濡れたままの状態は、摩擦や静電気などのダメージを受けやすくなっているからです。

これらのことに気を付けるだけでも、髪のツヤを保ちやすくすることができるはずです。
是非今日から試してみてはいかがでしょうか。