SOHO NEWYORK OFFICIAL BLOG

ショートヘアーのヘアアレンジ

短髪でも工夫次第で自由にヘアアレンジを楽しめます。

ヘアアクセサリーなどを活用してみると華やかな雰囲気を演出しやすいです。
結べない長さなら、サイドの髪の毛を編み込みにしてみるのもありです。

普段はボーイッシュなイメージが強くても、可愛らしい印象を与えやすくなります。
髪の毛の量が少なければ、軽くパーマをかけたりとボリュームを出すことも好ましいです。

顔の大きさも隠せたりと小顔に見せることも難しくないです。
学校や職場の規則で髪の毛を染められないなど制限がある場合、ウィッグを愛用することも悪くないです。

リーズナブルな値段で買い求められるものもあります。
ウィッグの種類やデザインも幅広いため、その日の気分でヘアスタイルを変えることもできます。

恋愛と美容の関係

好きな人が出来ると女性なら誰でも綺麗になりたいですよね。

好きな人が好むようなヘアスタイルやメイクなどの美容法を考えたりして、
まず外見を磨く事から恋のステップは始まります。

恋をすることにより外見が変わるのはもちろんですが、
実は体の中でもすごい変化が起きているのです。

恋をすることにより、ホルモンの分泌が活発になり
その影響で新陳代謝が良くなり肌が綺麗になります。

何種類かのホルモンが体に働きかけることにより、女性を美しくさせてくれると言われています。

快楽を得ることで有名なドーパミンというホルモンがありますね。
ドーパミンも恋をするとたくさん分泌されて交感神経に働きかけるので、
瞳孔が開きまるで少女漫画に出てくるヒロインのように瞳を輝かせるのです。

「女性ホルモン」とも言われているエストロゲンも恋する女性に働きかけます。
エストロゲンは女性らしい体に近づけてくれます。

胸を女性らしい形にしたりお尻にボリュームを出したり、
素敵なプロポーションに近づけてくれます。

素敵な恋をして、外見はもちろん体の内面もホルモンを味方につけてますます美しくなりましょう。

美容はバランスのいい食事から

女性に美容といえば、肌や顔や髪型などの美貌に関することが多く感じます。
実際には、体内から整えることも大きく影響するでしょう。

いくら見た目に美しくても、不規則な生活や偏った食生活は、肌の艶やハリにも影響を及ぼします。
当然、美肌になりたい願望が女性には多くありますので、スキンケアは勿論の事、バランスの良い食事を心かげる事です。

肌に良い食べ物といえば、ビタミンを多く含む緑黄色野菜が有名です。
(サラダにドレッシンングの掛けすぎはご注意くださいね)
女性の方は便秘症の人も多くいますので、野菜や果物は特にお薦めします。

便秘は美肌づくりに影響を及ぼす事がありますので、毎日食べると良いでしょう。
又コラーゲンを含む食べ物も肌のハリを与えますので、アンチエイジング効果も期待できます。

スキンケアはマイナスのケアも意識して

スキンケアというと、どんな化粧品を使うかや、どんな方法でケアをするかというプラスの面に意識が向きがちです。
しかし、肌への負担を減らすという意味のマイナスのケアも意識しないと不要な負担をかけてしまうことにもなります。

たとえば、肌に化粧品をつけるときの刺激も、肌には負担になります。
必要以上にこすることや、強い力で肌にふれることは肌を老化させる原因となってしまいます。

こうした刺激が肌荒れの原因となることもあるので、逆にケアを最小限にすると症状が改善することもあります。
あれもこれもと化粧品をプラスするよりも、なるべく少ない化粧品で丁寧にケアを行う方が効果的なこともあります。

たくさんの化粧品を使ったケアでなかなか肌が改善しないという人は、一度ケアをシンプルにしてみるのもいいかもしれません。

ヘアバンドで簡単ヘアアレンジ

忙しい朝でも誰でも簡単に短時間でできるヘアアレンジの1つとして挙げられるのが、ヘアバンドを使ったアレンジ方法です。

基本的な使用方法は、首まで被り、そのまま上に上げるだけです。
ヘアバンドはどんな方でも簡単におしゃれを楽しむことができる、とても魅力的なアイテムです。

また、ヘアバンドは、ロングヘアにもショートヘアにも合いますし、キュートな印象にも、ボーイッシュな印象にも仕上げることができます。

いろんな柄や色のヘアバンドを用意して、その日のコーディネートに合わせて使い分けるのも楽しいのではないでしょうか。
ヘアバンドの変わりに、スカーフなどを使って、結び目を作ってリボンのように見立てるのも良いでしょう。

髪の毛を乾かす時に注意すること

おしゃれに敏感な女子は、毎日のヘアケアについても決して手を抜けません。
そこで、ヘアケアの基本とも言える、正しい髪の乾かし方について、ここで復習しておきましょう。

まず1つ目に気を付けておきたいのは、乾かす際にタオルでゴシゴシ髪をこすらないことです。
タオルで髪をゴシゴシこすることは、大事なキューティクルを壊してしまう原因の1つなのです。

また、髪を洗った後はできるだけ早く乾かすことも非常に大切です。
髪が濡れたままの状態は、摩擦や静電気などのダメージを受けやすくなっているからです。

これらのことに気を付けるだけでも、髪のツヤを保ちやすくすることができるはずです。
是非今日から試してみてはいかがでしょうか。

ツヤとまとまりのある髪に変わるヘアオイル

髪の毛がまとまらずパサついて、朝のスタイリングに時間がかかってはいませんか。
髪は気温が下がると乾燥を招き、髪に含まれる水分量や油分が足りなくなりパサつきが起きてしまいます。

ツヤのある健康な髪の毛に戻すには、美容オイルのケアを取り入れるのがおすすめです。
オイルは傷んだ髪の毛の修復やパサつきのある髪を改善してくれるので、アウトバストリートメントとして使用すると効果的です。

洗髪後には髪の毛に浸透しやすくなっているので、適量を手に取ってから髪全体に馴染ませてください。
髪の毛をドライヤーで乾かすと、髪の毛に潤いが出てまとまりやすくなります。

オイルは朝のスタイリングにも使用する事が出来て、寝癖のある部分に少量付けるとボリュームも抑えられます。

炭酸水で毛穴の汚れを改善

炭酸美容は肌を綺麗にする効果があり、自宅でも簡単に行う事が出来ます。
顔の毛穴や角質が気になるなら、感じ方に個人差はあるとおもいますが、
炭酸を使った洗顔を試してはいかがでしょうか。

まずは炭酸水が入った洗面器を用意してください。
洗面器の中に顔を数秒付けてから、洗顔を始めましょう。
炭酸水に顔を付けておくと汚れが取れやすくなるので、忘れずに行ってください。

ネットを使用して泡を作ったら、手に力を入れず優しく洗うようにしましょう。
最後に洗面器に入った炭酸水で、顔全体を綺麗にすすいでください。

炭酸水で洗顔を行うと毛穴の詰まりや汚れも綺麗に落ちて、化粧水を付ける時に肌への浸透を促してくれます。
毎日のスキンケアに炭酸を取り入れて、綺麗な素肌を目指しましょう。

リフレクソロジーで体内を巡らせましょう

リフレクソロジーとは各臓器や器官に反応する反射区と言われる部位に刺激を与えることで、体内の自然治癒力を回復させることを目的とする民間療法です。
これによって血流やリンパの流れを良くして、毒素や余計な体内物質を排出する作用が強まります。

反射区は足の裏や手のひらなどにあります。
刺激を与えて痛む部位が特に疲れている臓器や器官になります。

街のマッサージ屋さんにも足裏を押す施術がメニューにありますが、自分で押すだけでも効果があります。
立ちっぱなしで足がむくんでしまった時は、足裏を指でゆっくり押すと身体の下部に溜まった血流を心臓に戻す働きを促します。

お風呂上りなど身体を温めてからやるとさらに効果的です。
硬かった足裏も少しずつ柔らかくなってきますよ。

冷えや便秘にも効果があるリフレクソロジーを日々の生活に取り入れてみませんか。

アロマオイルで質の良い睡眠を

良質な睡眠は美容や健康に欠かせません。
手足が冷えて眠れない、イライラして気持ちが落ち着かない。
そんなときはアロマオイルを使ってみませんか。

アロマオイルはナチュラルな植物成分で作られていて、心身を安定させリラックスさせる効能があります。
特に鎮静作用があるアロマオイルは入眠の手助けをしてくれます。
ラベンダーの優しくフローラルな香りは親しみやすく心を落ち着かせるのに最適です。

ひのきやシダ―ウッドといった爽やかな樹木の香りも、癒し効果が大きく深い眠りが期待できます。
アロマ専門店では睡眠を目的としたアロマオイルのトライアルセットを置いてあるところもあるので、そういったものを利用するのも良いでしょう。
寝る前に枕の下にアロマオイルを1滴垂らしたものを置いておくのが一番手軽な使用法です。

おすすめは手浴法です。
お気に入りのアロマオイルを数滴垂らした湯の中に手を入れて温めるだけです。
手を温めることは首や肩の緊張をほぐす効果があります。

素敵な香りに包まれて心地よい眠りを手に入れませんか。