SOHO NEWYORK OFFICIAL BLOG

スキンケアはマイナスのケアも意識して

スキンケアというと、どんな化粧品を使うかや、どんな方法でケアをするかというプラスの面に意識が向きがちです。
しかし、肌への負担を減らすという意味のマイナスのケアも意識しないと不要な負担をかけてしまうことにもなります。

たとえば、肌に化粧品をつけるときの刺激も、肌には負担になります。
必要以上にこすることや、強い力で肌にふれることは肌を老化させる原因となってしまいます。

こうした刺激が肌荒れの原因となることもあるので、逆にケアを最小限にすると症状が改善することもあります。
あれもこれもと化粧品をプラスするよりも、なるべく少ない化粧品で丁寧にケアを行う方が効果的なこともあります。

たくさんの化粧品を使ったケアでなかなか肌が改善しないという人は、一度ケアをシンプルにしてみるのもいいかもしれません。