SOHO NEWYORK OFFICIAL BLOG

実は間違っている化粧水の塗り方

保湿は美肌のもとですが、きちんとお肌のケアができているかわからない方も多いと思います。
基礎である化粧水を、実は間違った塗り方で効果を半減してしまっていることがあります。

AI_IMG_7769_TP_V

そこで化粧水の正しい塗り方を説明したいと思います。
やりがちな間違いとして…

・量が少ない
・雑に塗ってしまう
・叩き込むくせ

…等がある方は要注意です。

叩き込むことで水分の蒸発を促してしまったり、
コットンの毛羽立ちで肌に負担をかけてしまったりしている場合があります。

化粧水を付けるタイミングは、洗顔後すぐに行うのが良いです。
皮脂が少なく顔が乾燥しはじめる前のタイミングです。

化粧水はケチらずに適量を使うことが重要です。
基本的には手でよいのですがコットンの場合も、
中央だけでなく全体に染み渡らせて、顔全体に満遍なく塗ることを心がけましょう。

化粧水はこすったり叩き込むのではなく、手のひらで軽く押し込む(ハンドプレス)ように行います。
鼻の脇など細かいところもしっかりと押し込んでください。

一見当たり前のような小さなことですが、この積み重ねによって肌の違いを実感できると思います。
ぜひ試してみてください。